医療法人究理堂 小石医院 内科・婦人科・放射線科

オンライン予約 ご予約・お問い合わせ 075−231−3419
ご予約・お問い合わせ
075-231-3419
オンライン予約

当院・医師紹介

院長からのご挨拶

究理

専門分野は元紹Dr.は、がんの診断および治療、まゆみDr.は婦人科です。
「先生、今度は娘を連れてきますね。」「実は夫が会社の検診で精密検査を指示され…」「母が、がんの治療中でご相談したいことがあります…」「これってどういうこと?放っておいて大丈夫?」といった健康に関する様々な不安を抱えていらっしゃる方々に、真摯に寄り添う医療を医療法人究理堂小石医院は目指しています。
プラセンタ療法や、GID治療など、自由診療にも柔軟に対応しております。

スタッフ紹介

小石 元紹(もとつぐ)

小石 元紹(もとつぐ)

日本医学放射線学会専門医/元日本放射線腫瘍学会認定医

  • 1985年

    京都大学医学部卒業
    京都大学放射線医学教室に入局。長浜赤十字病院に勤務。

  • 1993年

    京都大学大学院博士課程修了。医学博士号取得。同大医学部付属病院放射線科助手を経て、同年京都市立病院放射線科赴任。

  • 2005年

    12年間放射線治療部門を担当(がん治療患者数約2500人余)の後、退職。内科・放射線科を標榜する開業医となる。小石家九代目。

  • 2013年

    医療法人究理堂小石医院を設立し、開設者となり、現在に至る。

小石 まゆみ

小石 まゆみ

日本産婦人科学会専門医/母体保護法指定医

  • 1986年

    近畿大学医学部卒業
    神戸大学産婦人科学教室に入局。神鋼加古川病院、淀川キリスト教病院などに勤務。

  • 1990年

    結婚を機に、京都に移り、小石産婦人科で地域医療に携わる。一男三女の母。

当院の歴史

二代 小石元俊

二代 小石元俊

1796年(寛政8年)初代小石李伯の息子二代目元俊は、この地(京都市中京区釜座通竹屋町下る亀屋町335番地)に移り、1799年医学塾究理堂を開設しました。以来小石家は、代々医をなりわいとし、今日に至っています。

元俊は、杉田玄白、篠崎三島、慈雲飲光らと親交を結びました。

その子三代目元瑞の時代には、門弟は、遠く越後や豊後からもやってきたそうです。門人帳には約2千人の門人が記録されています。

元瑞は、頼山陽、篠崎小竹、田能村竹田ら医者・文化人と親交がありました。
彼らの医学は、漢方に飽き足らず、関西ではいち早く蘭学を取り入れ、親試実験の気風に富んでいました。江戸時代(主に、元瑞の時代)のカルテ約1万人分が、当家に保存されています。

四代目中蔵は、幕末に種痘の普及に功績がありました。究理堂は、明治の半ばまで続きました。

五代目第二郎は、明治初年長崎オランダ医学校で学び、東京帝国大学初代学長長与専斎と親交がありました。

六代目暢太郎は、宇和島市民病院2代目院長を務めました。

七代目巌は、京都帝国大学で学びましたが、第2次世界大戦後に若くして病没しました。

その弟、八代目秀夫は、京都府立医大卒業後、大阪市立大学生活科学部教授、静岡県立大学食品栄養科学部教授を歴任。平成21年3月に84歳で没しました。

江戸時代のカルテ:大塩平八郎

江戸時代のカルテ:大塩平八郎

平成25年4月に、九代目元紹が「医療法人究理堂 小石医院」を開設しました。

二代 小石元俊

二代 小石元俊

三代 小石元瑞

三代 小石元瑞

五代 小石第二郎

五代 小石第二郎

江戸時代のカルテ:大塩平八郎

江戸時代のカルテ:
大塩平八郎

江戸時代のカルテ:頼山陽

江戸時代のカルテ:
頼山陽

ご予約・お問い合わせ
075-231-3419
オンライン予約